医療広告ガイドラインとは

■ 医療広告ガイドラインとは?

「医療広告ガイドライン」とは、厚生労働省から出された医療広告の指導方針(ガイドライン)です。
正式名称は「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針」となります。
2018年6月にこれまで広告の扱いを受けなかった「ホームページ」が広告の扱いになるなど、大きく改定されました。
 

■そもそもガイドラインとは?

ガイドラインは、法律でなく法律の下に政府や関係省庁が定めた指針です。
法律のように義務づけられているわけではなく、自主的に遵守することが推奨される事項がまとめられています。
ただし、義務ではなくてもガイドラインに違反すると法令にも違反することになる場合もあり法律同様に知っておく必要があります。

 

■法律ではないのに罰則がある?

「医療広告ガイドライン」は医療法、景表法、薬機法、健康増進法、不正競争防止法などの法令に基づいています。
そのため違反すると、省庁、都道府県や所管の保健所から調査、立入検査、行政指導、中止命令、行政処分などが行われます。
命令に従わない場合や悪質な虚偽広告とみなされた場合には、
6か月以下の懲役、30万円以下の罰金などの罰則もあります。
 
医療広告に携わる方は、「医療広告ガイドライン」を遵守することが必須と言えます。
 
次回は「医療広告の定義」について解説します。
お楽しみに。

冒険日記65ページ目『新しいブログのご紹介』

—————————————————————————————————————————————————————————
これはジラフちゃんを通して「ブルージラフ」の日々の出来事を綴った冒険日記である!
—————————————————————————————————————————————————————————

 

 
今月から、弊社のブログに新たな記事を発見!
これはいったい…?
 
どうやら「医療広告ガイドライン」についての記事の連載が始まったようです。
法律とは違うけれど、場合によっては罰則の対象になるガンドライン…。
内容も言葉遣いが馴染みのないモノだったりと、ちょっと取っ付きにくいですよね。
 
読んでスッキリン「医療広告ガイドライン」では、難しい内容を具体例を織り交ぜながらかみ砕いて解説していくようです。
連載は月2回更新!(場合により変更あり)
是非こちらもお楽しみに!
 
冒険日記では、引き続き弊社の日常をお送りいたします!
もちろんこちらもお楽しみに!

冒険日記64ページ目『弊社のリモートランチ』

—————————————————————————————————————————————————————————
これはジラフちゃんを通して「ブルージラフ」の日々の出来事を綴った冒険日記である!
—————————————————————————————————————————————————————————

弊社は3月ごろから全社員リモートワークになりました。
それまでは月曜は全員でランチを食べる日で、そこで仕事以外の雑談をしたりしていました。
 
リモートワークになった現在は、仕事には問題は出ていませんが雑談は減ったと感じます。
そこで、先日久しぶりにみんなでランチをしました。
 
でもこれまでとは違います。
どういうことかというと…。
 

このように、リモートで繋ぎつつ各々ランチをしながら雑談をしました(笑)
焼きそば、パスタ、パン、うどん等々、自宅で準備したものをつつきながら最近の出来事なんかを話します。
途中、少し仕事の話なんかもしながら楽しい時間を過ごしました。
 
たまの雑談は良いものです。
今後もこんな感じで、その時の時世に合わせながら臨機応変に過ごしていきたいと思います😊
 
それでは皆さんも良い一日を!

  1. Pages:
  2. 1
  3. 2
BACK TO TOP