医療広告の定義 ー対象になるもの、対象にならないものー

■ 医療広告の定義

次の2つの要件を共に満たすものが、医療広告に該当します。
患者の受診等を誘引する意図があること    (誘引性)
医療機関や医師の名称が特定可能であること  (特定性)
 

 

■ 医療広告の対象になるもの

特定の医療機関(病院・クリニック)に患者を誘引する意図があるものは、医療広告の対象になります。
・WEBサイト、メールマガジンなどのインターネット情報
・アフィリエイト記事
・説明会での案内内容
・テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのCM
・チラシなどの印刷物
・ポスター、看板などの掲示物
・患者の求めに応じて送付するパンフレット
 

■ 医療広告の対象にならないもの

受診等の誘引が目的ではないものや、特定性がないものは、医療広告の対象になりません。
・学術論文、学術発表
・求人広告
・新聞や雑誌での記事
・患者によるブログ、手記
・院内の掲示物、パンフレット
 
院内の掲示物やパンフレットは、すでに来院している患者が対象であり、誘引する必要はありませんので、医療広告の対象外になります。
 
以上が医療広告の定義になります。
 
 
医療広告ガイドラインとは
医療広告の禁止事項ー前編ー
医療広告の禁止事項ー後半ー
限定解除

BACK TO TOP